« 紫蘇ジュース | トップページ | 星野富弘 花の詩画展 »

切干大根

Kiriboshi01

実家から届いた夏の大根。
母曰く「ちょっと辛いから、煮て食べてね」
そうかそうかと、イカと一緒に煮て食べたら
めーっちゃ辛い!!!
ちょっと?ちょっと辛い!?
そんな次元じゃなかった。
一緒に入れたイカまで苦辛くなってしまったくらい、
途方もなく辛かった。
びっくりした。
こんなに辛いの、初めて。
辛味大根とも違うはずなので、とても普通に食べられない。
大根おろしにしたって、きっと髪の毛全部抜けちゃうんじゃないかって思うほど
頭の芯まで辛くてビリビリしそう。

でも、せっかく貰ったし・・・
それでも同じように煮てもまだこんなに辛いなら、とても食べられない。

で、思いついた、切干。

そうだ。干してしまえ。

柿だって、苦い渋いのが、あんなに甘くなるなら、大根も干してみよう。
根本的に間違ってる気もするが、捨てるよりましかと。
試してみた。
しかも、手抜きで。

使いやすいサイズに細かく切ってから、レンジでしんなりするまで数分。
直径20cmボウル2杯分。
そして水気を絞って、日中のみベランダで天日干し。
待つこと3~4日。
夫曰く「これ、ナニ?ゴミ?」
失礼な。
それはさておき、いい感じにカラッカラになって、完成。(多分)

こんなんで、辛味が抜けるかなー。

そして遂に、切干大根の煮物を作ってみた。

あまーい!
ヤッター!

Kiriboshi02

嬉しくて写真撮ってたら、1歳の娘も手を出してつまみ食い。
(というか、ニンジンが何故か大好きで、そっちを食べたかったらしい)
砂糖は入れずに、みりん・醤油・ダシだけで味付けした割に
ちゃんと大根の甘さがあって、成功。
手間って、大事だなぁ。
分かっててもつい抜いてしまうが。
それだけの味が結果としてちゃんと出てくれて、嬉しい。
・・・・。
おいおい娘よ。主役は大根だぜ。
そっちも食べておくれ。と願うも、
ひたすらニンジンを口に入れてた。
そういえば、世間では主役としては大根ほどじゃない人参。
きんぴらごぼうにも、今回も、煮物には大概入ってるけど。
ニンジンの煮物。なんてわざわざ言わないね。
スーパー脇役。な感じ。
今度、人参の切干も作ってみよう。

|

« 紫蘇ジュース | トップページ | 星野富弘 花の詩画展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424266/47095468

この記事へのトラックバック一覧です: 切干大根:

« 紫蘇ジュース | トップページ | 星野富弘 花の詩画展 »