« 椿山課長の七日間 | トップページ | 貧困ビジネスと、ココロ景色 »

デートDV

いつも気を遣わされる。行動の制限。言葉で嫌な思いをさせられる。
性的強要。などなど。
最近多く見られるデートDVというもの。
これは家庭内、夫婦間のDVではなく、恋人同士の間でのこと。
いつも気を遣わされる。の項目は、意外にも男性側が
多く、4割にものぼる。
ちょっと前からもニュースになってきてはいたが…。

今回のこのンケートは内閣府男女共同参画局調べ。
数字の大きさに、予防啓発に努めるとしているが
一体どんな対策をとるつもりなのかが、気になる。

このアンケート項目でも、多少気になる事もある。
どの程度、嫌な思いをしてるのか。
どの程度の行動の制限なのか。
そこまで詳しく出てはいなかったので、なんとも言えない。
最近は、「我慢する」という言葉だけで
ストレスを感じる人も多い。
それに、「頑張れ」という言葉も、何をがんばればよいのか。
もう頑張っていて、今現在がMAXな
これ以上を望まれても、もう無理だ。
やめてくれ。
という答えが返ってくる場合もある。
それはある意味、極度に責任感が強く真面目な性格とも取れる。

人によって、感じ方も受け取り方も
全然違う。

昔いた会社で後輩に、ワタシが気になる点を注意しても
「○○さんだから出来るんですよ、私には出来ません」
と、フツウに返された。
結局、やってはくれなった。
ワタシが入社した時点で、先輩にそう教わったので
ワタシも同じ事を言っただけのつもりだったのに。
ジェネレーションギップ?
なんて、その程度に思っていたけれど、そんなギャップが
どんどん角度を広げてきていて
今では大分遠い場所になってしまったのだろうか。

それに、このデートDVには
もっと違う背景があるようにも思う。
それはなんなのだろう?
会社でのストレスや、生活のやりくり。
上からの押さえつけられ。
そんな人も多いかもしれない。
恋人同士での時間に、つい甘えるつもりが
エスカレートする場合もあるかもしれない。
他人との温度差や、世間の評価と、現在の自分意識の狭間で
静かに、内なる場所で火がつけられるのだろうか?
そして一番自分を出せる相手に
容赦なく、ぶつけてしまうのかも知れない。

最近は、「自分評価」とか「自分価値」とか
そういっ類のものを判別するゲームもある。
面白半分でやるには楽しいが
真面目に捉えすぎて、ストレスに思う人もいるのかも知れない。

実際、自分の評価はゲームでは導き出すようなものではないし
ましてや自分の価値など、数回答えたアンケートなどで
簡単に出せるものではない。
だから、しあわせは自分だけが知るもので
他人に決めてもらうものでもない。
と思う。
常に誰かと比べる。そんなの、意味がない。

心理学者のフロイトの言葉であったろうか、
ストレスや不幸の始まりは
他人との比較から生まれる。としている。
通信機器の目覚しい発展とともに、
それまではしあわせに暮らしていたはずの人々が
とたんに「自分は不幸」と言い出したという。

人の意見は大事だけれど
それをどう反映してゆくかは自分次第。
なにも、批判的なことも素直にまともに受けすぎる必要は
ないと思う。
今の自分が不幸だと言い切ったとしても
未来の自分がみれば、あれはいい経験だったと
笑える日がくるかもしれない。

それよりも
今、近くにいてくれる誰かには
ありがとうと言葉をかけるだけで
空気がやわらかくなる。
自分が言っても、相手が言ってくれないからイヤだ。
というのでは、ょっと寂しい。
生活重視の「節約」はとっても大事だが、
「言葉・愛情ケチ」はよした方がいい。
言うのは、ただなのだ。

いつもありがとう。^-^

お互いにかける言葉をそれにするだけ。
それだけで、どんなに違ってくるか
是非、試して欲しい。

|

« 椿山課長の七日間 | トップページ | 貧困ビジネスと、ココロ景色 »

コメント

いわゆる…、感謝の念ですね。
不幸にも感謝、
恋人のつっけんどんな態度にも
ストレス発散の対象になっても

人生は死ぬ瞬間まで続きますものね。
口に出す言葉を選ぶだけで、流れる時間も空気も気持ちまでも変わりますね、随分の差が出るでしょうね、生きて行くうえでは・・・。

投稿: riot | 2007年11月16日 (金) 06時40分

riotさん。ありがとうございます。
出会って互いに好きになる確率は、ワタシにとっては高くないように思ってるのですよ。
そんな稀少な相手に暴力‥。どんな基準で相手を選んだにせよ、それも勝手です。
はけ口にする事だけはして欲しくない。
ストレス故の行動であるならば、自らを追い詰めるような方向を選択しなければ、もっと気持ちにゆとりも出てくるのではないかと思うのです。‥それだけでは、ないのでしょうけれど。
相手も自分も同じ『人』だという認識を持って欲しいと思います。

投稿: sagico | 2007年11月16日 (金) 08時49分


男性って女性には多くを求めるくせに
自分がそれを出来るか?になると知らんふりだったり・・・結構自分勝手でわがままな所があるように思えます。みつをさんの言葉で人の為と書いて偽りと読むんだな~とありますが、どんなに身近な相手でも多少の心遣いが必要だと思います。暴力で思い通りにしようなんてと最低です。出会いは偶然じゃなく必然だと思うし、一期一会を大事にして相手を思いやる気持ちいつまでも忘れないでいて欲しいですね。

投稿: ミコミコ | 2007年11月16日 (金) 12時51分

ミコミコさん。ありがとうございます。
みつをさんの言葉、なるほどなぁ~!です。
自分とまったく同じ人なんていないのですから、お互いの角をちょっとずつ取らないと、ずっと一緒に居られないですよね。別れる理由が性格の不一致ならしょうがないにしても、せっかく出逢って恋をしたならば、その暖かい気持ちを大事にしてほしいですよね。

投稿: sagico | 2007年11月16日 (金) 19時19分

感謝するのも大事だけど、恋人同士なら、
男はもっと、愛しているとささやくべきだ。電話で話す最後の一言、デートを締めくくる一言として。

そうやって、二人がまた別々の一人へと戻るときに、余韻を持って戻ることができるようにすること。

こういった心掛けが大事なのではないでしょうか。

投稿: 大野 | 2007年11月18日 (日) 23時35分

大野さん。ありがとうございます。
大野さんのパートナーは、幸せでしょうね^^
そして女性にも、同じ事が言えると思います。
お互い素直に言葉に表現できたら、素敵ですね。
2007年になって、熟年離婚も一気に加速しました。その七割の理由が主婦の「旦那から感謝の言葉ひとつもかけて貰えない」だそうです。やってもらって、傍に居て当たり前と思われている事が腹立たしい。という訳です。慣れることの怖さですかね。
慣れる事無く、愛情も感謝も言葉にしたいですね。^^

投稿: sagico | 2007年11月19日 (月) 18時14分

お久しぶりです、こんにちは。「旦那から感謝の言葉がない・・・」わかるわぁ。でもね、ここで救いがあるんですよ。子どもは言ってくれるんです。「お母さん、ありがとう」って。これで私もにこにこですわ。言わなくても通じるだろう、は幻想です。言わなきゃ伝わりませんよ。

投稿: ツイてる母さん | 2007年11月23日 (金) 07時11分

ツイてる母さん。ありがとうございます。
久しぶりだす。(笑)
そして母親としての実感あるお言葉です〜☆
ツイてる母さんチでDVは、まず無いのは承知なので心配はしませんが、やっぱり、かけて貰って嬉しい言葉はありますね〜。
”以心伝心”なんてカッコいいかもだけど、実際は、言わないときちんと伝わらないよね。
ワタシもまずは自分から言うようにしてます。この言い方の”過剰さ”が伝わるのか、彼からも言ってくれます。
あ‥これってひょっとして催促って言うんでしょうか(笑)

投稿: sagico | 2007年11月23日 (金) 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424266/8932465

この記事へのトラックバック一覧です: デートDV:

« 椿山課長の七日間 | トップページ | 貧困ビジネスと、ココロ景色 »